広報全般/諸会議・催し等(新着順)

創立70周年記念式典と新年祝賀交歓会を開催

 平成30110日(水)、ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)において、創立70周年記念式典を開催しました。会場は、ご公務なにかとお忙しい中、坂野公治近畿運輸局長様、山田啓二京都府知事、参議院議員二之湯智自由民主党京都府連合会長様、衆議院議員竹内譲公明党京都府本部代表様、坂本克己全日本トラック協会会長様をはじめ32名のご来賓の方々にご出席いただき、会員の皆様を含め総勢250名が参集し「創立70周年記念式典」を盛大に開催しました。

 開会冒頭、荒木律也会長は「昭和22年、産業経済界からの要請と国民生活安定の要望に応える公共輸送機関として発足し、様々な諸施策に取り組み、積極的な活動を行ってきました。この間、各行政機関からのご指導を賜り、会員の皆様からは力強いご支援とご協力をいただき、現在は会員数994社、車両数20,365両を超える組織体制が確立できたことは誠にありがたく感謝する次第であります。この度は、協会に10年以上加入していただいている700社を超える会員の皆様に感謝状を贈呈することができることは誠に嬉しい限りであります。

 業界は、労働力不足が顕著となり人材確保が最大の課題となっておりますが、国が進めている長時間労働縮減に向けた取り組み、荷主との関係改善や適正運賃の収受などにもつながる絶好の機会と捉え、積極的に対応していくこととしております。

また、物流は時代の変革と共にビッグデータやIoTの活用等新しい時代に入ろうとしています。その新しい改革にチャレンジし事業者、一般市民にとっても親しみ易くまた透明性のあるように事業を推進することとして参ります。本日を一つの大きな節目として、さらに80周年に向け団結を強固にして、業界の発展を図るとともに、真の「社会との共生」を築き上げていかなければならいと痛感しています。今後ともご協力をお願いします。」との挨拶をされました。

続きを読む

第5回理事会を開催

 平成29年12月6日(水)13時30分から京都府トラック協会において「第5回理事会」を理事22名(総数22名)、監事3名、相談役3名の出席のもと開催しました。

 開催にあたり荒木会長は、「過日、政権与党である自由民主党と公明党の京都府選出の国会議員の先生方に「平成30年度税制改正・予算に関する要望」、また、働き方改革において警察庁から直ちに取り組む施策として「貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し」の通達が発出されることとなっているので、京ト協として通達が発出されれば迅速に対応していただけるよう強く要望してきたところである。また、協会が「会員のための協会」「会員に役立つ協会」とするため理事会をより良いものとしたいので、理事各位からのご意見やご提案をいただければと考えている。それら内容を各種委員会において検討願い、総務委員会で再検討したものを理事会で協議願いたいと考えている。また、来年1月に創立70周年記念式典を新年祝賀交歓会と併せて開催する。その内容が総務委員会で検討され決めていただいたことを報告としたい。理事の方々のご協力をお願いしたい。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む

総務委員会を開催

 平成29126()11時からから京都府トラック協会において「総務委員会」を開催しました。

開催にあたり蒔田委員長は、「午後からは第5回理事会が開催されるため、資料の確認と協会創立70周年の記念事業について、最終の協議と確認を行う委員会であるので、十分な議論をお願いする。」等あいさつを行われ、議事に入りました。

 

 

続きを読む

第7回自転車交通安全「CMコンテスト」表彰式

 第7回自転車交通安全CMコンテスト(主催:京都府警察本部、㈱京都放送)の表彰式が平成29年12月3日(日)、ホテル日航プリンセス京都(京都下京区)において開催されました。

 本コンテストは、自転車の事故防止や交通マナーの向上についての重要性を京都府民に広く啓発することを目的として、京都府内の中学・高校・大学・専門学校生が各部門毎にラジオやテレビのCMを制作し、その優秀作品に対し表彰するものです。本年度は46の学校から過去最高の137作品の応募があり、先に開催された審査委員会において優秀作品が選ばれていました。

続きを読む

「平成30年度税制改正・予算に関する要望」と「貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し」についての要望活動を行う

平成291130日(木)、荒木会長、藤田・宇野・平島各副会長が、「平成30年度税制改正・予算に関する要望」と「貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し」について京都選出の自由民主党国会議員の方々に説明と協力の要望を行いました。

 全日本トラック協会でとりまとめられた要望書に基づいて、平成30年度の税制改正、予算編成に向けたトラック運送業界からの要望事項について説明を行いました。税制関連改正では、一般財源化により課税根拠を失った軽油引取税の旧暫定税率の撤廃、今年度末で特例措置の適用期限を迎える各種税制対策についての延長や拡充を求めました。また、予算関連については、高速道路料金の更なる引き下げとして、大口・多頻度割引最大50%の継続、高速道路の積極的な活用や各種機器の導入助成の拡充等々を要望いたしました。

続きを読む

第39回交通事故物故者等合同慰霊法要を挙行

 平成29年11月16日(木)、京都市東山区の「霊山観音」において、交通事故物故者合同慰霊法要を執り行いました。

 この法要は、部内・部外の災禍により尊い命を亡くされた169柱の御霊の慰霊のための法要で、荒木律也京都府トラック協会会長は、ご霊前において「169柱の御霊への慰霊の意を表するとともに、無事故運行を心掛け”今後は決して事故を起こさない。”との決意を持って交通事故の絶滅のため、あらゆる方途を講じ、万全を期す覚悟でおります。」との祭文を朗読し、痛ましい交通事故の絶滅を誓い、関係参列者19名は、厳かな読経の流れる中で、慰霊の焼香を行いました。

続きを読む

きょうとトラックの森「チャレンジ里山体験2017」を開催

 平成29年11月11日(土)、銀閣寺裏山の国有林一帯で「育てよう!きょうとトラックの森『チャレンジ里山体験2017』」を開催しました。

午前9時30分から法然院総門前で開催した開会式では、まず、主催者挨拶として京ト協環境対策委員会の蒔田良夫委員長から、「きょうとトラックの森づくりは、本年で6回目を迎えた。植樹や下草刈りを行い整備することによって地球温暖化対策等環境が保たれる。 また、子ども達には森の働き、環境の大切さを知って欲しい。」との願いが述べられました。

続きを読む

~楽しくきれいを広げよう~「京都・まち美化大作戦」への参画

 「11月は京都市美しいまちづくり推進月間」として世界の京都・まちの美化市民総行動実行委員会が主催となり、平成29年11月5日(日)13時30分から梅小路公園を出発点として、「世界一美しいまち・京都」の実現を目指して、門掃き、ごみのポイ捨て禁止等の呼び掛けや不法投棄、放置自転車、違反広告物等のまちの美観を損なうものの一掃に向けた街頭啓発パレードと清掃活動が行われました。

 京都府トラック協会は、環境対策委員会の蒔田良夫委員長(㈱京三運輸)、小野順一委員(B.B.C小野商事㈱)、山下哲弥委員(山下運送㈱)、増田 敏委員(才賀運輸㈱)、松井吉隆委員(㈲アユミ・ロジスティクス)の方々がパレードに参加をしていただきました。

続きを読む

初任運転者教育に係る社内指導者向け講習会を開催

 平成29年10月20日(金)13時30分から、初任運転者を指導される方(管理者等)100名を対象とした講習会を京都自動車会館(京都市伏見区)で開催しました。

 本年3月に国土交通省は、運転者教育の強化を図るため「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の一部を改正しました。

 改正内容は、新たに「⑫安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法」が追加されました。

 改正前は6時間以上の座学であったものが「座学及び実車を用いて15時間以上」実施する。安全な運転方法の指導を「実際にトラックを運転させて20時間以上」実施する事が義務付けられました。

 この度の講習会は、改正された指導内容を指導者の方々に理解していただき、初任運転者に対し適正な指導を行っていただくことを目的として開催しました。

続きを読む

京ト協 第4回理事会を開催

平成29年10月13日(金)13時30分から京都府トラック協会において「第4回理事会」を理事22名(総数23名)、監事3名、相談役2名の出席のもと開催しました。

開催にあたり荒木会長は、「本日の議案は、前回の理事会で意見をいただいたことを取りまとめたものであり、会員のための協会づくり、会員の役に立つ協会づくりに基づき、実行あるものにしていきたいと思っている。政府のトラックの働き方改革で各省庁が「直ちに取り組む施策」により、物流業界で安心して働ける業界にすべく、また限られた人材で効率を図ることが考えられている。また、11月4日から標準貨物自動車運送約款が改正され、運賃と付帯サービスが明確化されることとなった。運送会社の一致団結により適正な運賃が収受できるものと考える。理事の方々のご協力をお願いしたい。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む

平成30年度予算・税制要望並びに政策懇談会で要望

平成2999日(土)、「平成30年度予算・税制要望並びに政策懇談会」が京都東急ホテルで開催されました。

 この懇談会は、政権与党である公明党京都府本部が主催され、府内の経済団体や業界団体等からの要望を聴取して意見交換を行うもので、同党からは竹内譲府本部代表(衆議院議員、総務委員長)、山本かなえ参議院副会長、日置文章府本部代表代行(京都市議)、村井弘副代表(京都府議)のほか、京都府議・市議の方々が出席されました。

続きを読む

総務委員会を開催

 総務委員会は、交通対策、環境対策労務の各委員会の正副委員長で構成されているため、過日各委員会が開催され正副委員長が決められましたことを受け、平成29830()12時から総務委員会を開催しました。

委員会には荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。本年度は協会創立70周年を迎るので、企画運営に検討をいただきたい。また、協会の事業に対し重要なご意見をいただいていることもあり、十分な議論をお願いする。」等あいさつを行われた。

議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

労務委員会を開催

 平成2983()12時から労務委員会を開催しました。

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。労務問題は、多岐にわたっている。トラック業界の最重要課題である「人材不足、人材確保」の対策を行わなければならない。また時間外労働規制が見直しされるなど、今後労働問題が浮上してくる。その対応対策が求められるので、今後も労働問題対策への事業提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

環境対策委員会を開催

 平成2982()12時から環境対策委員会を開催しました。

 

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。環境問題は、目に見えるものではない。継続して取り組むことが重要であるので、今後も環境への事業提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

交通対策委員会を開催

 平成2981()12時から交通対策委員会を開催しました。

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。交通事故は、減少傾向にあるが無くなる訳ではない。事故を予防するため、協会は「自転車事故防止CMコンテスト」「自転車シミュレーターの機器貸出し」等行い一般の皆様に対し啓発している。今後も交通事故防止に繋げる事業の提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 

続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

平成29年『夏の交通事故防止府民運動に伴う事故防止』スタート式に参画

 平成29年7月21日(金)に京都府福知山市のJR福知山駅北口公園において、当該府民運動の周知と府民一人ひとりの交通安全意識の向上を図るため、平成29年『夏の交通事故防止府民運動』スタート式が開催されました。

 式典・交通安全広報車両スタート式には、京都府トラック協会丹波支部から、衣川副支部長(福伸興業 ㈱)、当協会の安達監事(夜久野運輸倉庫 ㈱)、中路社長(㈲中路建機輸送)、井隼社長(㈱ハート急便)、藤田事務局長(丹波支部事務局)に参加頂きました。

 

京ト協 第3回理事会を開催

平成29年7月19日(水)17時から「第3回理事会」を理事22名(総数23名)、監事3名、相談役3名の出席のもと開催しました。

開催にあたり荒木会長は、「これからの協会は、「会員目線による新たなステージへの挑戦」を方針として臨みたいと思っている。その考え方は、『会員のための協会づくり』であり、『会員の役に立つ協会づくり』であると考えている。理事会で出された意見を取りまとめ実行あるものにしていきたいと思っている。その為、理事会の開催回数を増やし、理事の方々からの建設的なご意見等を伺いしたいと思っている。また、理事会で出された建設的な意見を次の理事会で、「どのように対処した」、「このように対応したい」と報告できる理事会にしたいと考えているので、理事の方々のご協力をお願いしたい。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む 0 コメント

支部長会を開催

平成29年7月19日(水)16時00分から支部長会議を開催しました。

開催にあたり、荒木会長から「本会議において、各支部長からの意見を伺い、協会事業運営に反映させるものはどんどん取り組んで行きたいと思っている。また、支部の活動に協力を行っていきたいと考えているので、今後ともご協力をお願いする。」等々のあいさつの後、議長となり議事を進行し意見交換が行われました。

続きを読む 0 コメント

第47回トラックドライバーコンテストを開催

 平成29625日(日)午前830分から、京都府自動車学校(京都市伏見区竹田)において、第47回トラックドライバーコンテストを開催しました。

 開会に当たり、吉田敏雄交通対策委員長から「事業用トラックドライバーに求められる高度な運転技能と、関係法令及び車両構造等に係る専門的な知識を競い、他の模範となることで、社会的責務を担うプロのトラックドライバーとしての自覚と誇りを持たせ、業界を挙げた安全意識の高揚と交通事故防止活動の推進に資することを目的としたコンテストである。トラックが事故を起こせば重大事故につながり、社会に与える影響も大きいものとなる。本日出場される選手の皆様は、「私は決して事故を起こさない」「同僚の模範となるんだ」との決意を新たにしていただき、この大会に臨んでいただきたい。」との挨拶の後、来賓として京都運輸支局長西川孝秀様より「業界は輸送の安全確保が最重要である。過日発生した乗用車が対向車線を走るバスに衝突した高速道路での事故は、バスのドライバーの機転により、乗客等は無事であったが、何時事故に遭遇するかは分からない。トラック運送業界は、生活に密着した業界であり皆様はプロドライバーとして模範となり、安全運転・安全運行そして法令遵守で日々取り組んでいただきたい。」とのごあいさつをいただきました。

続きを読む

木津川右岸宇治木津線道路新設に係る要望活動を実施

 平成29年6月21日(水)11時30分から、荒木律也会長、藤田周士副会長、宇野賢志副会長、平島竜二副会長が、池田豊人国土交通省近畿地方整備局長様に、「木津川右岸宇治木津線道路新設に係る要望書」を提出しました。

 荒木会長からは、「京都市から南へ通じる国道24号は、近年、発展著しい木津川市、精華町、京田辺市など関西学術研究都市地域や、大阪・奈良・三重など近隣府県へ向かう主要幹線道路であるが、地域の幹線道路がこの国道1本であるため、慢性的な渋滞が発生し、地域住民の生活や経済活動はもとより、当協会会員の事業にも支障が生じている。また、木津川堤防上を通行していることから、近年、各地で頻発している地震や異常気象による集中豪雨など、大規模災害が発生し通行不能となった際、緊急時のアクセス確保に課題があり、地域の安心・安全確保の観点からも、当該地域における道路整備は極めて重要であると考えており、道路利用者である当協会の会員からも木津川右岸宇治木津線の早期事業化に向けて要望する。」と説明しました。

 国土交通省近畿地方整備局 橋本雅道道路部長様、京都国道事務所 馬渡伸吾所長様からは、「宇治木津線は、計画段階評価の手続きが行われているので早期事業化に向け取り組んで行きたい。」とのお言葉を頂きました。

続きを読む