トピックス

木津川右岸宇治木津線道路新設に係る要望活動を実施

 平成29年6月21日(水)11時30分から、荒木律也会長、藤田周士副会長、宇野賢志副会長、平島竜二副会長が、池田豊人国土交通省近畿地方整備局長様に、「木津川右岸宇治木津線道路新設に係る要望書」を提出しました。

 荒木会長からは、「京都市から南へ通じる国道24号は、近年、発展著しい木津川市、精華町、京田辺市など関西学術研究都市地域や、大阪・奈良・三重など近隣府県へ向かう主要幹線道路であるが、地域の幹線道路がこの国道1本であるため、慢性的な渋滞が発生し、地域住民の生活や経済活動はもとより、当協会会員の事業にも支障が生じている。また、木津川堤防上を通行していることから、近年、各地で頻発している地震や異常気象による集中豪雨など、大規模災害が発生し通行不能となった際、緊急時のアクセス確保に課題があり、地域の安心・安全確保の観点からも、当該地域における道路整備は極めて重要であると考えており、道路利用者である当協会の会員からも木津川右岸宇治木津線の早期事業化に向けて要望する。」と説明しました。

 国土交通省近畿地方整備局 橋本雅道道路部長様、京都国道事務所 馬渡伸吾所長様からは、「宇治木津線は、計画段階評価の手続きが行われているので早期事業化に向け取り組んで行きたい。」とのお言葉を頂きました。

続きを読む

第92回通常総会を開催

京都府トラック協会第90回通常総会

 平成29年6月14日(水)14時から、ホテルグランヴィア京都京都市下京区において、一般社団法人京都府トラック協会の「第92回通常総会」を開催しました。

総会は、「陸上貨物運送事業労働災害防止協会京都府支部」、「京都府トラック運送事業政治連盟」の総会も併催する、3部構成での開催となりました。

開会冒頭、金井清治会長から「昨今の経済情勢、とりわけアベノミクス効果や軽油価格の安定化により、経営状態には一定の改善が見られたが、世界経済の動向を考えると、若干の不安要素も感じられる。当業界においては、長時間労働や運賃問題が取り上げられていることもあり、社会的地位の向上や運賃・料金などの待遇改善を図るうえで、チャンスが到来している。しかし、ドライバー不足が構造的に深刻な課題となっているため、今後運輸局や労働局などの行政機関、全ト協や近畿のトラック協会とも連携し、最重要改題として取り組み、また、長時間労働の解消に向けた取り組みも「パイロット事業」の成果を踏まえつつ、全力を挙げて取り組んで行くこととしている。今後も様々な課題については、情報を提供しつつ、会員目線に立って対応していく所存であるので、今後とも協会の一層の発展のため、会員ならびに理事各位の絶大なご協力をいただきたい。」旨の挨拶の後、金井会長が議長となり、陸災防、政治連盟の順で議案が審議されました。

続きを読む

京ト協 第1回理事会を開催

平成29522()1330分から京ト協研修センターにおいて「第1回理事会」を理事24(総数28)、監事2名、相談役3名の出席のもと開催しました。

開催にあたり金井会長は、「人材不足対策で運賃の値上げの動きが出てきている。各企業においても行動に移すときであり、またトラック業界は働き方を見直し、労働時間等の改善を図る必要がある。その為にも適正運賃の収受が重要であり、今後とも各企業の努力をお願いする。本日は、来る614日開催する第92回通常総会に諮る平成28年度の事業報告と収支決算書について審議いただく重要な理事会である。慎重審議していただくようお願いする。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む

安全性評価事業(Gマーク)申請説明会を開催

平成29517日(水)1330分から、京都自動車会館(京都市伏見区)において「安全性評価事業(Gマーク)申請」についての説明会を、大里賢示氏(公益社団法人全日本トラック協会 適正化事業部 課長代理)を講師にお招きして開催しました。

平成29年度に申請される事業所を対象に、過去の申請年度からの変更点や新たな申請内容について分かりやすく説明をしていただき、継続される事業所の方々、新規で申請をされる事業所の方々65名が熱心に聴講されておられました。

また、同様の内容で524日(水)ホテルロイヤルヒル福知山(福知山市)において開催します

続きを読む

京都市「水防訓練」を実施

 京都市による平成29年度水防訓練が、平成29年5月7日(日)9:00から淀川右岸淀大橋下流河川敷において実施され、ヤマトマルチチャーター株式会社様から車両供出のご協力をいただき物資運搬訓練に参画いたしました。

 当日の訓練は、ヘリコプターから届けられた物資(乾パン)をトラックに積み込み、避難されている住民の皆様の元へ届ける訓練を実施いたしました。 

 本訓練の目的は、淀川水系流域の水防体制を強化し、区域住民の生命と財産を守るため、澱川右岸水防事務組合及び桂川・小畑川水防事務組合が連携し、水防団員の技術の練磨向上を図るとともに、区域住民の水防意識の高揚を図ることとして実施されているもので、平成28年度から京都市の要請をうけ、当協会は平成28年度から参画しているものです。

 当日は、晴天に恵まれたこともあり、多数の地域住民の方が参加され、伏見警察署・宇治警察署等の協力機関を含め、参加者が600名を超える大規模な訓練となりました。

続きを読む

支部長会を開催

平成29年4月26日(水)12時から支部長会議を開催しました。

 開催にあたり、金井会長から「トラック運送業界は人材不足が深刻で、運賃値上げなどの動きが出てきている。協会は、業界にとって会員にとってより良い取り組みが必要である。また、災害等緊急時の輸送協力アンケートをさせていただいたところ183社の協力が得られ、緊急物資輸送体制が整ったので、実践で活かせたい。」等々のあいさつの後、議長となり議事を進行し意見交換が行われました。

続きを読む

城南支部「全体会議」、城南支部輸送協議会「臨時総会」を開催

城南支部の「全体会議」、城南支部輸送協議会の「臨時総会」を平成29年4月25日(火)18:00から、「醉月」(京都府相楽郡精華町)において開催しました。

伊庭孝明(㈱山城運送)城南支部長(協議会会長)から、「業界はドライバー等人材不足が深刻となっている。会員各社はそれぞれ工夫と対応策を講じていると思うが、会員間の情報交換を密にして諸課題解決に取り組んで行きたい。」等の挨拶のあと、議長に宮本昌季氏(㈱エムズトランスポート)を選出し、審議事項へと移行しました。

議案は、「第1号議案  平成28年度事業報告の承認について」、「第2号議案 平成29年度事業計画(案)の承認について」「第3号議案  任期満了に伴う役員の改選について」が上程され、慎重に審議されたのち議場に諮ったところ、全議案とも異議なく承認されました。

また、引き続き城南支部輸送協議会の臨時総会を開催し、「第1号議案 規約の変更について」が上程され、役員会等における役員への交通費を支給する旨を旅費規程に追加することを議場に諮ったところ、議案は異議なく承認されました。

なお、城南支部の新役員は、〔支部長〕伊庭孝明氏(㈱山城運送)、〔副支部長〕森田英照氏(京和運送㈱)・杉本哲也氏(和束運輸㈱)・宮本昌季氏(㈱エムズトランスポート)、〔幹事〕堀川健一氏(㈱太陽物流)・浦井宣和氏(㈱浦井運送建設)・平島竜二氏(㈱岸貝物流)・辻田和浩氏(京都センコー運輸㈱)・杉本和大氏(㈱東和)・松本勝美氏(松本建材土木㈲)が選任されました。

また、新体制による今後の支部、協議会は、より充実した内容で取り組んで行くことが確認されました。

京ト協 第3回理事会を開催

平成29年3月17日(水)13時30分から京ト協研修センターにおいて「第3回理事会」を理事26名(総数28名)、監事3名、相談役3名の出席のもと開催しました。

 開催にあたり金井会長は、「業界だけでなく多くの産業で人材不足となり、特にトラック業界は労働時間等の問題により誠に厳しい状況である。長時間労働の改善については、国土交通省をはじめ厚生労働省、経済産業省の協力を得て、荷主を交えた協議を行っている。改善に向けた良い結果が出ることを望んでいる。また、会社の経営、従業員等を守るためにも適正運賃の収受が重要であり、今後とも各企業の努力をお願いする。本日は、平成29年度の事業計画(案)と収支予算書(案)について審議いただく重要な理事会である。慎重審議していただくようお願いする。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む

海上自衛隊と災害応援協定を締結

 京都府トラック協会では、海上自衛隊舞鶴地方総監部との間で災害応援協定を締結しました。

 この協定は、各地で大規模災害等が発生し、海上自衛隊が保有する備蓄物資等を被災地へ緊急に送る場合、陸上輸送の業務をトラック協会に委ねて確保しようとするもので、海自側からの要請に基づいて協定を締結することとなったものです。

 平成29年3月6日(月)、京都地方協力本部(京都地方合同庁舎)の会議室において、京都地方協力本部の我孫子一本部長(一等陸佐)の立会の下、舞鶴地方総監の代理として出席された竹内修防衛部長(一等海佐)と金井清治京ト協会長が協定書に調印しました。今回の協定により、京ト協が締結する災害応援協定は、京都府・京都市に続いて3機関目となります。

第34回物流セミナーを開催

 平成29年2月27日14:00から、京都市下京区のホテルグランヴィア京都において、荷主、一般市民と会員の方々約280名の参加をいただき、京ト協・全ト協共催の第34回『物流セミナー』を開催しました。

 開催にあたり金井会長から、「我が国経済は円安、株高により回復基調で推移しているが、トラック運送業界は、燃料価格の動向を注視しつつ、

続きを読む