トピックス

京ト協 第4回理事会を開催

平成29年10月13日(金)13時30分から京都府トラック協会において「第4回理事会」を理事22名(総数23名)、監事3名、相談役2名の出席のもと開催しました。

開催にあたり荒木会長は、「本日の議案は、前回の理事会で意見をいただいたことを取りまとめたものであり、会員のための協会づくり、会員の役に立つ協会づくりに基づき、実行あるものにしていきたいと思っている。政府のトラックの働き方改革で各省庁が「直ちに取り組む施策」により、物流業界で安心して働ける業界にすべく、また限られた人材で効率を図ることが考えられている。また、11月4日から標準貨物自動車運送約款が改正され、運賃と付帯サービスが明確化されることとなった。運送会社の一致団結により適正な運賃が収受できるものと考える。理事の方々のご協力をお願いしたい。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む

平成30年度予算・税制要望並びに政策懇談会で要望

平成2999日(土)、「平成30年度予算・税制要望並びに政策懇談会」が京都東急ホテルで開催されました。

 この懇談会は、政権与党である公明党京都府本部が主催され、府内の経済団体や業界団体等からの要望を聴取して意見交換を行うもので、同党からは竹内譲府本部代表(衆議院議員、総務委員長)、山本かなえ参議院副会長、日置文章府本部代表代行(京都市議)、村井弘副代表(京都府議)のほか、京都府議・市議の方々が出席されました。

続きを読む

総務委員会を開催

 総務委員会は、交通対策、環境対策労務の各委員会の正副委員長で構成されているため、過日各委員会が開催され正副委員長が決められましたことを受け、平成29830()12時から総務委員会を開催しました。

委員会には荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。本年度は協会創立70周年を迎るので、企画運営に検討をいただきたい。また、協会の事業に対し重要なご意見をいただいていることもあり、十分な議論をお願いする。」等あいさつを行われた。

議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

労務委員会を開催

 平成2983()12時から労務委員会を開催しました。

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。労務問題は、多岐にわたっている。トラック業界の最重要課題である「人材不足、人材確保」の対策を行わなければならない。また時間外労働規制が見直しされるなど、今後労働問題が浮上してくる。その対応対策が求められるので、今後も労働問題対策への事業提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

環境対策委員会を開催

 平成2982()12時から環境対策委員会を開催しました。

 

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。環境問題は、目に見えるものではない。継続して取り組むことが重要であるので、今後も環境への事業提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

交通対策委員会を開催

 平成2981()12時から交通対策委員会を開催しました。

 委員会の委員メンバーが変更したため、委員会に荒木会長が出席し、冒頭「本年度初めての委員会であり、正副委員長を決めていただく重要な会議であるのでよろしくお願いする。交通事故は、減少傾向にあるが無くなる訳ではない。事故を予防するため、協会は「自転車事故防止CMコンテスト」「自転車シミュレーターの機器貸出し」等行い一般の皆様に対し啓発している。今後も交通事故防止に繋げる事業の提案をお願いする。」等あいさつを行われた。 

続いて議事進行は、委員長が決められるまでは、井尻専務理事が議長となり進行された。

続きを読む

平成29年『夏の交通事故防止府民運動に伴う事故防止』スタート式に参画

 平成29年7月21日(金)に京都府福知山市のJR福知山駅北口公園において、当該府民運動の周知と府民一人ひとりの交通安全意識の向上を図るため、平成29年『夏の交通事故防止府民運動』スタート式が開催されました。

 式典・交通安全広報車両スタート式には、京都府トラック協会丹波支部から、衣川副支部長(福伸興業 ㈱)、当協会の安達監事(夜久野運輸倉庫 ㈱)、中路社長(㈲中路建機輸送)、井隼社長(㈱ハート急便)、藤田事務局長(丹波支部事務局)に参加頂きました。

 

京ト協 第3回理事会を開催

平成29年7月19日(水)17時から「第3回理事会」を理事22名(総数23名)、監事3名、相談役3名の出席のもと開催しました。

開催にあたり荒木会長は、「これからの協会は、「会員目線による新たなステージへの挑戦」を方針として臨みたいと思っている。その考え方は、『会員のための協会づくり』であり、『会員の役に立つ協会づくり』であると考えている。理事会で出された意見を取りまとめ実行あるものにしていきたいと思っている。その為、理事会の開催回数を増やし、理事の方々からの建設的なご意見等を伺いしたいと思っている。また、理事会で出された建設的な意見を次の理事会で、「どのように対処した」、「このように対応したい」と報告できる理事会にしたいと考えているので、理事の方々のご協力をお願いしたい。」等々の挨拶の後議事に入りました。

続きを読む 0 コメント

支部長会を開催

平成29年7月19日(水)16時00分から支部長会議を開催しました。

開催にあたり、荒木会長から「本会議において、各支部長からの意見を伺い、協会事業運営に反映させるものはどんどん取り組んで行きたいと思っている。また、支部の活動に協力を行っていきたいと考えているので、今後ともご協力をお願いする。」等々のあいさつの後、議長となり議事を進行し意見交換が行われました。

続きを読む 0 コメント

第47回トラックドライバーコンテストを開催

 平成29625日(日)午前830分から、京都府自動車学校(京都市伏見区竹田)において、第47回トラックドライバーコンテストを開催しました。

 開会に当たり、吉田敏雄交通対策委員長から「事業用トラックドライバーに求められる高度な運転技能と、関係法令及び車両構造等に係る専門的な知識を競い、他の模範となることで、社会的責務を担うプロのトラックドライバーとしての自覚と誇りを持たせ、業界を挙げた安全意識の高揚と交通事故防止活動の推進に資することを目的としたコンテストである。トラックが事故を起こせば重大事故につながり、社会に与える影響も大きいものとなる。本日出場される選手の皆様は、「私は決して事故を起こさない」「同僚の模範となるんだ」との決意を新たにしていただき、この大会に臨んでいただきたい。」との挨拶の後、来賓として京都運輸支局長西川孝秀様より「業界は輸送の安全確保が最重要である。過日発生した乗用車が対向車線を走るバスに衝突した高速道路での事故は、バスのドライバーの機転により、乗客等は無事であったが、何時事故に遭遇するかは分からない。トラック運送業界は、生活に密着した業界であり皆様はプロドライバーとして模範となり、安全運転・安全運行そして法令遵守で日々取り組んでいただきたい。」とのごあいさつをいただきました。

続きを読む