最新トピックス

第93回通常総会を開催

 平成30年6月12日(火)16時から、「ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)」において、一般社団法人京都府トラック協会の「第93回通常総会」を開催しました。

通常総会は、「陸上貨物運送事業労働災害防止協会京都府支部」、「京都府トラック運送事業政治連盟」の総会も開催いたしました。

 開会冒頭、荒木律也会長から「近年の運送業界を取り巻く状況は、アベノミクスの推進により、雇用所得環境は改善され、個人消費や企業の設備投資等で民需を中心として緩やかな回復基調で推移しているが、原油価格が上昇傾向に転じており経営の不安要因となるなど、先行きの不透明感とともに今後の見通しには不安要素も感じられるところである。こうした中、運送業界を取り巻く状況は、平成27年度から取り組まれている「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会」において、長時間労働の削減に向けたモデルケースを構築すべく様々な検討が講じられていることを踏まえ、この問題に全力で取り組んでいくこととしている。また、昨年11月には運賃と料金を明確に区分し、運送以外の役務については別に収受ができるよう「標準貨物自動車運送約款」が改正されたところであり、本年5月には国土交通省、厚生労働省、経済産業省と公正取引委員会の連名で荷主関連企業に対し、「適正取引および労働時間」の理解を促す文書が発出されたところである。業界の社会的地位の向上や、運賃・料金などの待遇改善を図る上での、またとないチャンスが到来しているものと考えている。業界は、少子高齢化の進展や他産業への流出、かつ長時間労働や低賃金等が原因となりドライバー不足が深刻化しており、当業界における最重要課題となっている。これらの解消には短期的に対応が可能なものと、中・長期的な視点から対応するべき構造的なものがあるので、協会としては幅広く、息の長い取り組みを進めていくこととしている。このような、業界や協会を取り巻く様々な課題については、会員に可能な限り関連する情報をお知らせしつつ、会員目線に立って適切に対応していくこととしているので、今後とも協会の円滑な運営に格別のご理解とご協力をお願いする。」旨の挨拶の後、荒木会長が議長となり、陸災防、政治連盟の順で議案が審議されました。

続きを読む

最新トピックスの詳細は【広報関係】をご覧ください。


新着情報(行政等)

行事予定等

2018/06/21 「グリーン経営講習会」(トラック・バス・タクシー事業対象)

2018/06/20 運輸安全マネジメント「国土交通省認定セミナー」(舞鶴会場)

2018/06/12 京ト協通常総会

2018/06/08 運輸安全マネジメント「国土交通省認定セミナー」(京都会場)

◆ 通年行事 ◆

最新のリコール等

広報誌 2018(平成30年)

広報 「もしもトラックがとまったら」



運輸安全マネジメントカレンダー 2018(平成30年版)

~日々の「安全標語」の唱和が、安全意識を育てます。~【会員専用ページへ移行しました】