労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請【京都労働局】

労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請

 京都府内の労働災害による休業 4日 以上の死傷者数が増加傾向にあることから、平成26年8月21日15時より、陸上貨物運送事業労働災害防止協会京都府支部長に対して、森川善樹京都労働局長より労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請を受けました。当日は今井副会長(労務担当)に受領していただきました。

 

 労働災害が増加している背景には、消費税の増税前の駆け込み需要や産業活動が引き続き活発になっていることがあると考えられる。また、これまで労働災害防止汚動に積極的に取り組んできた製造業、建設業、陸上貨物運送事業などでも経済伏況が好転する中、人手不足が顕在化し、企業の安全衛生管理体制の「ほころび」が懸念される。とされております。

関係者が一体となって以下の取組の徹底を要請します。

1.経営トップの参加の下に職場の安全パトロールを実施するなど、職場内における安全衛生活動の総点検を実施すること

2.安全管理者等の選任義務がない事業場においても安全の担当者(安全推進者)を配置するなど、事業場の安全管理体制を充実すること

3.雇入れ時教育を徹底するなど、効果的な安全衛生教育を実施すること

ダウンロード
労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請文書
労働災害のない職場づくりに向けた緊急要請.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 807.2 KB