緊急特別安全対策の実施について 全ト協

全ト協発第281号(環)

平成26年9月12日

各都道府県トラック協会会長殿

公益社団法人全日本トラック協会

会長星野良三

緊急特別安全対策の実施について

(ご協力のお願い)

 平素は当協会の業務運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、事業用トラックによる交通死亡事故等が増加する厳しい情勢のなか、年末の輸送繁忙期を視野に入れ、業界を挙げた緊急特別安全対策を下記の通り実施することといたします。

 つきましては、各都道府県トラック協会におかれましても、趣旨ご理解のうえ、積極的なご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

1.緊急特別安全対策の内容

(別添資料 緊急特別安全対策の実施についてをご参照)

2.各協会等による主な実施事項

(1)事故防止大会の開催と安全決議による決意表明等の実施

(2)新たな数値目標=「車両台数1万台当たり死亡事故件数2.0件以下」達成に向けた各種取組みの推進

(3)運転記録証明書を活用した各種安全指導・活動の促進

(4)墜落災害防止と「荷役作業の安全対策ガイドライン」の周知徹底

(5)緊急特別安全対策の周知と安全意識高揚に向けた対策

※適正化実施機関、機関誌(紙)及び・ホームページ、各種セミナーの活用等

(6)その他の緊急特別安全対策に掲げる事項

※1ドライバー向け啓発カードは全ト協機関紙「広報とらっく」(9/15号)に一律20枚封入します。

※2適正化実施機関向け指導用チラシは、各協会宛に別途発送いたします。


◆本件に関するお問い合わせ先

公益社団法人全日本トラック協会交通・環境部永嶋、荻原

電話:03-3354-1045(ダイヤルイン)

ダウンロード
緊急特別安全対策の実施について
緊急特別安全対策の実施.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.6 MB